青い春十題

きっと「今」に終わりなどない
どうしても、欲しかった
モラトリアム
今なら高く飛べそう
泣いて転んで立ち上がって
相手を喰う気で生きろ
ほしいものはひとつだけ、
なんて穏やかな終焉の気配
己が信じられるものだけを
見上げた空はやっぱり青かった




青春じゃない気がしてきた。